アクセスカウンタ

oshikado

プロフィール

ブログ名
oshikado
ブログ紹介
 物心ついたころからの鉄道好き。ここに掲載される記事も、まずほとんどが鉄道がらみと言っていいだろう。鉄道ファン暦は人生の65%を占める(2007年4月現在)。勤務先も鉄道関係となったため、鉄道とあまり縁がなかった時代の割合は、今後ますます低下していくであろう。
 2008年4月、おおさか東線乗車によりJR全線乗車再達成。今後の目標は全国JR全駅訪問と私鉄全線乗車。
zoom RSS

十和田観光電鉄

2011/11/05 23:47
 今日は、あまり天気が良くなかったのですが、十和田観光電鉄が今年度いっぱいでの廃止を表明した直後の旧型電車の運転ということで、おそらくたくさんの人でごったかえすだろうなぁ・・・と思いながらも行くことに。結局、その旧型電車に乗ることはなく、沿線で撮り鉄をやったわけで。最近、撮り鉄行動が目につくようになってきました…
 ところで、三沢から十和田市まで、ロケハンを兼ねて乗ったときに、横見浩彦さんらしき人を見かけたんですが…何せ本でしか顔を見ておらずホンモノは知らないのですが、人違いかなぁ・・・

画像 画像
画像 画像




十和田観光電鉄の80年
楽天ブックス
軽便から釣掛電車まで RM library 岸由一郎 ネコ・パブリッシング発行年月:2003年10月

楽天市場 by 十和田観光電鉄の80年 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

十和田観光電鉄の80年?軽便から釣掛電車まで (RM LIBRARY (51))
ネコ・パブリッシング
岸 由一郎

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 十和田観光電鉄の80年?軽便から釣掛電車まで (RM LIBRARY (51)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

魅惑の東北ローカル線・乗車&撮影ガイド(北東北編)
秋田魁新報社
林 裕(山口北州印刷)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魅惑の東北ローカル線・乗車&撮影ガイド(北東北編) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


常磐線撮影

2011/10/02 22:43
 CANONの2倍テレコンを入手してからというもの、私にしては珍しく撮影を行うことが多くなってきているのですが…

 この週末は、母校(中学・高校)の学園祭ということで、子供2人連れて行ってきました。私の所属した部の変わりよう、そして馴染みのラーメン屋もいつの間にか経営者が変わっていて味も変わっていて…一抹の寂しさを何とかしようと、帰り道に常磐線の撮影をしました。

 いまどき珍しく、インテ化されておらず、障害物も少なくてすっきりと長編成も望める、貴重な場所でした。

画像
画像
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


長野電鉄

2011/09/24 21:49
 昨日、急に思い立って、今朝は早くから子供らをたたき起こして出発。もちろん、目的は今年度限りでの廃止が決まった屋代線なのですが、まず向かった先は上田です。

 上田駅で信州北回廊パスを購入。そして、しなの鉄道の新駅訪問ということで、千曲駅。

画像


 長野新幹線開業前日に、信越本線横川〜篠ノ井間の全駅を下車したのですが、当時なかった駅がちらほらあるので、穴埋めしておかないと。JR時代から、こういう利用者の多そうな駅は作っておけばいいものを…

 そして、屋代駅。すでに、葬式鉄が数人集結していました。

画像


 昨年、屋代〜松代間は乗車していたのですが、全線はまだだったので、早速乗ります。途中、大室で下車、信濃川田交換列車を迎撃し、松代で下車。松代駅舎、味わい深すぎです。

画像 画像


 ここから、途中駅を行ったり来たりしながら、湯田中に到着。小田急車導入に当たり、ミニスイッチバックが廃止されたそうですが、その時代には来たことがありません。旧駅舎と新駅舎(と言っても、相当の年季もの)が相対する構造に、ちょっと違和感。

画像


 湯田中からの帰りに、小布施駅で下車。旧型電車が展示されていたので見学。その後ホームにいたら、スノーモンキーが来たので撮影。撮影者である僕自身が、車体に写り込みました…

画像 画像


 長野まで出て、長電制覇を達成し、スノーモンキーで須坂に戻り、須坂から屋代線に乗って屋代に抜けて、今日は終了。天気も良く、沿線にもカメラマンがかなりいました。黄金色の稲穂と、青空と、銀色の車体、絵になったでしょうねぇ…

画像
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


東京メトロ撮影

2011/08/07 09:09
 また更新が滞りました。

 7月から職場が変わりまして、ようやく生活が落ち着いてきました。この間、どういうわけか(笑)CANONの2.0テレコンを入手したので、手持ちの200mmが400mm相当となるということで、試し撮りをしてきました。対象は東京メトロ。一番撮りたかったのは203系でしたが、予想以上に淘汰が進んでおり、巡り合えませんでした…

 まずは、久しぶりに乗る東西線明かり区間。行徳駅で粘ります。

画像


 レンズが重すぎて、シャッターを切る瞬間にぶれる…しかも、テレコンとの相性が悪く、オートフォーカスは起動せず。まぁ、置きピンのできる鉄道撮影ならほとんど影響ありませんが、スポーツシーン等では使いこなしが難しいなぁ…

 引き続きまして、綾瀬へ移動。

画像 画像


 1時間粘りましたが、203系は来ず。綾瀬に着く直前にすれ違った203系が、この時間帯唯一稼働していたものだったようで、撮り逃がしました…
 諦めまして、今度は渋谷へ。01系もそろそろ淘汰が始まるかな、と思いまして。

画像


 01系が登場した当時、斬新なデザインだなぁと子供ごころに感動しましたが、あれから早27年。早いなぁ。渋谷駅もこれから大きく変わるので、いい記録になったかと。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


姥湯温泉枡形屋

2011/06/19 17:44
 昨日、今日と、会社のお偉方とともに山形の姥湯温泉に行きました。私の会社に、「日本秘湯を守る会」のスタンプを集めている人はけっこういるんだなぁ…
 駐車場から宿までちょっと距離があるのですが、宿の後ろにそびえたつ岩山の迫力にびっくり。そして、何やら工事をしていて重機がたくさんいるのですが、聞けば5年ほど前に一度風呂が流されて…ということで、その復旧工事か。そら、これほどの岩山がすぐそばにあるのだから、少し大雨になれば土石流に近いものが沢を下るだろうなぁ。それほどの自然の場所だからこそ、秘境の秘湯と言えるのかも。
 建物自体はものすごく新しくなり、窓は複層ガラス。最近の流行です。

画像 画像

画像 画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


津谷川B

2011/06/08 12:09
 考えてみれば、今年は一回も更新をしていなかったんですね…今日は非番なので、久しぶりに更新します。

 先月、東北地方太平洋沖地震の被災現場に行ってきました。いろいろと写真は撮ってきたのですが、以前勤務していた地域で被災前の状況を知っているだけに、言葉にならない衝撃を受けました。一日も早く、沿岸の鉄道が復活することを祈るばかり…。
 被災地を巡っている間に愛用のCanon 40Dのシャッターの反応が悪くなりました。なんの前兆なのだろう…現在、修理中です。
画像


記事へ驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


東北新幹線・青い森鉄道全線開業

2010/12/04 22:59
 12月4日。ついにその日が来ました。

 7時過ぎに八戸駅に向かうと、すでに鉄道ファンがたくさん。ひとまず、青い森鉄道の開業記念入場券セットと、一日フリー切符を購入。おそらく本邦初、食べれる切符である南部せんべい切符も購入。「食べたら無効」と裏に書いてありました。

画像


 新幹線改札には、新青森行の文字がたくさん。いよいよ開業したんだなぁ…昨日まで、在来との乗り換えに使っていた改札は封鎖されたのが、何か物悲しかった。わずか8年間とはいえ、よく使った改札だったからなぁ…
 新青森行1番列車が発着する11番線では、出発式が行われていました。ホームがそれほど広くないので、ホーム先端部がものすごい人ごみ状態でした。

画像 画像


 こちらは、まずはやて93号で七戸十和田を訪問。今回の開業区間で、これまでJRが通っておらず新幹線が悲願だった駅だけに、駅前には物産販売のテントが並び、町民も多数訪れており、歓迎ムードに包まれていました。

画像 画像
画像 画像


 そして、はやて95号で新青森へ。新青森近辺は風雨が強く、駅舎外には出れませんでした。昨日撮影していたこともあり、無理に出る必要もなく…駅舎内は津軽三味線の演奏やら、ねぶた跳人の歓迎やら、大騒ぎ。人も多く、長い滞在は無理と考え、とっとと快速深浦で青森に抜けます。

画像 画像
画像 画像


 青森駅に戻り、開業を迎えた青森駅内を散策。お土産品もたくさんあったのですが、また午後に来る予定だったので特に買いませんでした。結果的に、この判断は間違いだったわけですが…買っておけばよかった。
青森駅には、今日から運転区間の変わったつがるが。485系の4両編成になったんだな…751系はどこへ? ここからは青い森に乗るので、そのスタートは快速浅虫温泉行。これは、折り返しつがるとなるので、485系の編成で、豪華な快速列車です。発車直前にリゾートあすなろが隣のホームに到着。いつか乗ろう。

画像 画像
画像 画像


 今日も浅虫温泉で下車。開業祝いに、餅がふるまわれていました。おいしかった。駅名標も、青い森のロゴ部分を隠していたシールがはがされ、デザイン的にしまったような気がします。

画像 画像


 今日は、ここからが大変でした。発達した爆弾低気圧のため強風が吹き荒れ、浅虫温泉〜西平内間と、狩場沢〜野辺地間が運転規制。鉄道林で囲まれ、列車には直接風が当たらない区間がほとんどだというのに、駅間での風規制はちょっと厳し過ぎる感が…。陸奥市川〜八戸でも風規制となってしまい、八戸には40分以上遅れて到着。八戸到着寸前に新青森へ向かう新幹線が出て行ったのですが、新幹線も風規制でダイヤが乱れていたようで、おいらが乗ろうと思っていたはやて21号は郡山で2時間以上足止めとのこと。さきほどの新幹線に乗れていれば新青森に行けたのですが、最後の陸奥市川〜八戸の風規制がなければなぁ…
 新青森に戻ることはあきらめ、1時間遅れできたはやて26号で大宮に戻らざるをえませんでした。八戸駅では新青森開業記念のお土産はキオスクに置いてなく、土産ゼロで帰京。せめていくらかお土産品置いてくれればいいのに…

画像 画像


 ちなみに、新青森で下車した時に手土産をいただきました。青森県のパンフレットと、はやぶさの光るストラップと、リンゴ1個。八戸開業の時は木材文具や南部せんべいや海産物など、盛りだくさんだった記憶があるだけに、品数はだいぶ減らされたなあ…ただし、リンゴが丸ごと1個あるので、重量は今回が上でした。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

oshikado/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる